本文へスキップ
Japanese Research Association for Surface Finishing by UV, EB, Laser, and Ion BeamsPartners of RadTech North America and RadTech Europe


一般社団法人 ラドテック研究会

講演会Lecture Cource

2018年8月~プログラム<会員の皆様>  ※会員外の方はこちらをクリック

「第159回ラドテック研究会講演会」2018年10月30日(火)14:00~17:00 
会場:東京理科大学神楽坂キャンパス1号館17階/記念講堂

<講師と演題>
1)14:00~14:40
「EBプロセスの基礎と応用」 早稲田大学 理工学術院  鷲尾 方一 氏
EBプロセスでは、当事者以外には知らされない、種々のノウハウや、技術的な難しさがついて回っている。
そこで本講演では、まずEBプロセスを支える架橋技術や重合技術にかかわるノウハウについて簡単に説明し、
その後、現在進められている種々のEBプロセス技術について概観する。

2)14:40~15:20
「有機シランの自己組織化による光応答性ハイブリッドの創製」 早稲田大学 理工学術院  下嶋 敦 氏
有機シロキサン系材料は、ナノ構造制御によって多様な機能発現が期待できる。本講演では、アゾベンゼン
修飾型アルコキシシランの自己組織化による各種メソ構造体の合成と光応答性について紹介する。

15:20 ~ 15:40 ♪♪♪♪♪ コーヒーブレイク ♪♪♪♪♪

3) 15:40~16:20
「アミンとラジカルを同時発生する光塩基発生剤の開発とそのアプリケーション」
                             日本化薬株式会社 寺田 究 氏

光照射によりアミンを発生する光塩基発生剤は硬化時の酸素阻害、硬化収縮、さらに金属腐食が無い利点があるため
近年注目されている。今回の開発品ではこれまで課題であった吸収波長を拡大し、高効率かつラジカルも同時発生
させることができる。本講演では様々な樹脂と混ぜた際の使い方から物性について説明する。

4) 16:20~17:00 「UVLED硬化プロセスの高効率化」  ヘレウス株式会社   河村 紀代子 氏
UVLEDが次世代産業用途のUV照射光源として注目されているが、UVLEDの発光波長特性から硬化材料の吸収との
マッチングを得ることが難しく、十分な硬化性を得られないことが課題となっている。講演では、硬化性を向上
させるため、新規のUVLED硬化プロセスについて紹介する。


◆13:00~13:40 第4回定時社員総会  (後日別途ご案内いたします)
◇17:00~18:30 交流会・ミニ展示会(大会議室)会費無料

以上

「第158回ラドテック研究会講演会」2018年8月28日(火)13:00~17:00 
会場:東京理科大学神楽坂キャンパス1号館17階/記念講堂

第158回講演会は下記のプログラムに決定しました。この講演会が、皆さんの研究開発にお役に立てれば幸いです。

<講師と演題>
1)13:00~13:50
「量子ビームによる超微細加工技術の最前線」
国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構 山本 洋揮 氏
 次世代リソグラフィとして極端紫外光(EUV)や電子線(EB)のような量子ビームが露光源として期待されている。本講演では、量子ビームを使った微細加工技術の最新の研究成果について紹介する。

2)13:50~14:40
「新規な光開始システムと影部分のUV硬化」東京理科大学   有光 晃二 氏

 可視光を吸収する新規な光ラジカル重合開始剤や第三級アミンを発生する非イオン型の光塩基発生剤など、当グループの最近の研究成果について述べる。さらに、影部分のUV硬化を目的とした当グループのUV硬化システムについても紹介したい。

14:40 ~ 15:00 ♪♪♪♪♪ コーヒーブレイク ♪♪♪♪♪

3)15:00~15:50
「球状多孔質構造体『MARIMO』の大量合成と実用化への研究開発」宇治電化学工業㈱ 岡添 智宏 氏
 数nmの金属酸化物粒子が多数集合した直径200~500nmの球状多孔質構造体です。中実または中空構造をもち、新規材料としての応用が期待できます。粒径が揃っているため物質表面に単層配列できます。複合金属酸化物でも合成可能です。

4)15:50~16:40
「パーオキサイド系光重合開始剤の開発」日油㈱ 林  昌樹 氏
 光に対して優れた感度を有するパーオキサイド系光重合開始剤について紹介する。パーオキサイドの熱分解特性を活用することで、光および熱によるデュアルキュアや熱フロンタル重合に利用することができる。

◆17:00~18:30 交流会・ミニ展示会 大会議室にて

以上



非会員の皆様・協賛団体所属の皆様の参加費・申込方法はこちらから

第159回講演会ご案内  第158回講演会ご案内
  

過去年度プログラム

2018年度 2017年度  2016年度 2015年度  2014年度以前はこちらから

一般社団法人ラドテック研究会

〒102-0082
東京都千代田区一番町23-2
番町ロイヤルコート207

TEL 03-6261-2750
FAX 03-6261-2751
E-mail webmaster@radtechjapan.org